総合

壱番屋、シンガポールのアジア・大洋州三井物産とインドに合弁会社設立

更新日:

「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は2019年7月8日、インドでの直営・フランチャイズ店舗展開に向けて、シンガポールのアジア・大洋州三井物産と合弁で6月28日付でニューデリーにICHIBANYA INDIA PRIVATE LIMITEDを設立したと発表した。

三井物産グループの持つ情報、ネットワーク、マーケティング機能と、壱番屋のカレーレストラン展開のノウハウを活用し、世界最大のカレー消費国インドでの店舗展開を目指す。

合弁会社設立による今期グループ業績に与える影響は軽微。

合弁会社の概要は下記の通り。

【 名称 】ICHIBANYA INDIA PRIVATE LIMITED
【 所在地 】DSC-239, 1st Floor, Plot No. A-1, DLF South Court, Saket, New Delhi-110017
【 代表者 】Prasenjit Adhikari(インド三井物産)予定
【事業内容】カレーハウスCoCo壱番屋の直営及びフランチャイズ運営
【 資本金 】187,500,000ルピー(約3億円)
【設立年月日】2019年6月28日
【出資割合】アジア・大洋州三井物産60%/壱番屋40%

【合弁事業契約締結日】2019年4月24日
【合弁会社設立日】2019年6月28日

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.