デジタル経済 進出・出資・撤退

リクルート、金融ブロックチェーンプラットフォームの米Provenance社に出資

投稿日:

リクルートは2019年7月8日、シンガポールの投資子会社RSP Blockchain Tech Fund Pte.Ltd.を通じ、金融業界向けブロックチェーンプラットフォームを提供する米国Provenance Blockchain, Inc.(Provenance社)に出資したと発表した。

同社は、「住宅ローンなど証券化商品をはじめ金融商品の組成や販売取引に際しては、取引の信用を担保するため複数の第三者機関の関与が不可欠で、こうした非効率性の改善は金融業界における長年の課題」としたうえで、Provenance社が提供するスマートコントラクト技術などを用いたブロックチェーンプラットフォームを利用すれば、金融機関は第三者機関を介さずに直接、さまざまな金融商品を組成・販売することができるという。

同プラットフォームには、既にFigure Technologies社や投資銀行のJefferiesなど複数の金融機関がメンバーとして参加しており、今後はローンや証券化商品に限らず、取引可能な商品の種類拡大が期待できるという。

Provenance社は、今回の資金調達により、プラットフォーム開発や営業活動を拡充する。

◇Provenance Blockchain, Inc.
【 代表者 】Mike Cagney
【 所在地 】650 California Street, Suite 2700, San Francisco, CA (94108)
【 設立 】2018年9月
【事業内容】金融業界向け分散型台帳プラットフォームの開発及び提供

-デジタル経済, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.