ニュース 日系機関・企業・社会

大阪ガス・シンガポール現地法人、タイに太陽光発電で合弁会社設立

更新日:

大阪ガスは7月3日、シンガポールの100%子会社Osaka Gas Singapore Pte. Ltd.(OGS)とタイの太陽光発電事業会社Energy Pro Corporation Ltd.がタイに太陽光発電による電力供給事業を目的とする合弁会社OE Solar Co., Ltd.(仮称)設立で同日合意したと発表した。大阪ガスは、東南アジアで初めて再生可能エネルギー発電事業に参画する。

新会社はバンコクを中心に、主に産業用・商業用の顧客が所有する建物の屋根やスペースを借りて太陽光発電設備を設置し、発電した電力を15~20年にわたって同顧客に供給する。

大阪ガスによると、タイ政府が2018年策定した電力開発計画では、全電源に占める再生可能エネルギーの割合は2037年に20%(輸入水力は除く)に達すると見込まれており、再生可能エネルギーに対する関心が高まっているという。また、タイは日射条件が良いことから、初期投資なしでの太陽光発電設備導入ニーズがあるという。

事業スキーム  提供・大阪ガス


新会社概要

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.