ニュース 日系機関・企業・社会

日立造船、シンガポールJEL社からタイのごみ焼却発電プラント設備工事受注

投稿日:

日立造船は7月3日、シンガポールのJurong Engineering Limited(JEL社)から、タイ・ラヨーン県で建設されるごみ焼却発電プラント(ストーカ式焼却炉:300t/日×1炉、発電出力:9.8MW)の設備工事を受注したと発表した。

タイの発電事業会社Global Power Synergy Public Company Limited(本社・バンコク、GPSC社)がごみ焼却発電プラントの建設を計画したもので、JEL社および同社子会社Thai Jurong Engineering Limited(本社・バンコク)が形成するコンソーシアムが元請企業としてGPSC社とEPC(Engineering・Procurement・Construction:設計・調達・建設)受注契約を結び、日立造船はJEL社から、ごみ焼却発電プラント中心設備の火格子や排ガス処理装置の設計および機器供給、据付・試運転時のSV派遣業務(技術指導サービス)を受注した。

プラントは、ラヨーン県ムアン郡のRDF(Refuse Derived Fuel:廃棄物固形燃料)製造プラント隣接地に建設され、RDFを燃料とした焼却発電を行う。発電出力は9.8MWで、タイの約6,700世帯の消費電力に相当するという。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.