デジタル経済

シンガポールのブロックチェーン企業、インドネシア農産品取引を透明化

投稿日:

シンガポールのブロックチェーン企業PLMP Fintechは2019年5月30日、インドネシア貿易省との提携プロジェクトを目的に、バタム島自由貿易地域・自由港庁、インドネシア企業Central Distribusi BatamとMOUを締結した。同日発表した。

商品の非効率的な輸送と配送により米や砂糖など生活必需品価格が高い地域では、透明性と追跡性を備えるブロックチェーンソリューションが効率的な物流の実現に寄与するという。プロジェクトでは、リアウ諸島州最大のバタム島を皮切りに、全国的な物流セクター再形成を構想する。

試験段階では、農産品の売り手と買い手間の入札行動の標準化をバタム島で実施する。PLMP Fintechが任命したカントリー・マネジャーのクレートン・オン氏は「価格提示と取引がオープンかつ透明に行われる簡略化されたプロセスによって、両者とも利益を得られる」と述べた。

また、PLMP Fintechの共同創立者であるキム・キー氏は「当社のソリューションは移動する商品の正確な位置を1日24時間アップデートし、遅滞を防止してプロセス全体を最適化する」と述べた。

-デジタル経済

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.