気候変動(低・脱炭素)

旭化成、『ISCC PLUS認証』のS-SBRとBR販売開始、シンガポールなどで生産

投稿日:

旭化成は2022年11月、『ISCC PLUS認証』取得済のAsahi Kasei Synthetic Rubber Singapore Pte.Ltd.と川崎製造所合成ゴム工場で生産されるマスバランス方式でのS-SBR(溶液重合スチレン・ブタジエンゴム、商品名:タフデン®)とBR(ポリブタジエンゴム、商品名:ジエン®)の販売を開始する。10月に合成ゴム事業部が同認証を取得した。11月17日発表した。

旭化成は、かねてより省燃費性や耐摩耗性に優れるエコタイヤに最適な高性能S-SBRを市場展開してきた。

今回、生産・販売開始するS-SBRとBRは、原材料の一部にバイオマス原料または廃プラスチック由来の材料を用い、マスバランス方式で割り当てることで、CO2排出削減に繋げる。

マスバランス方式

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.