進出・出資・撤退

JVCケンウッド、シンガポール法人100%出資のフィリピン子会社の清算を決議

投稿日:

JVCケンウッド(横浜市)の在フィリピン連結子会社で休眠中のJVC(Philippines),Inc.は2022年10月27日開いた取締役会および株主総会で自己破産申請を行うことを決議した。

JVC(Philippines)社はフィリピンにおける販売拠点として1996年8月にTrademark Industries,Inc.(TMI社)とJVCケンウッドのシンガポールの100%連結子会社JVC Asia Pte.Ltd.(現JVCKENWOOD Singapore Pte.Ltd.)との合弁会社として設立された。

その後、2011年10月にTMI社の株式を全数買い取り、現在はJVCKENWOOD Singapore社の100%出資子会社となっている。

JVC(Philippines)社は市場環境の変化等により、2012年1月に事業活動を終了し休眠化していたが、自己破産により会社を清算することが最も適切と判断し、今回の決議に至ったという。

負債総額は6億1,100万フィリピンペソ(約15億1,100万円)。このうち6億900万フィリピンペソ(約15億500万円)はJVCケンウッドからの借入金および未払利息という。

JVCケンウッドは、JVC(Philippines)社に対する債権について全額貸倒引当金を計上済で、またJVC(Philippines)社が保有する現預金に対しても全額引当金を計上済で、新たな損失が生じないことから、今回の清算による影響は軽微としている。

◇JVC(Philippines),Inc.
【 所在地 】22nd Floor, 139 Corporate Center, 139 Valero Street,Salcedo Village, Makati City 1227, Philippines
【 代表者 】代表取締役 Kazue Salud
【設立年月日】1996年8月1日
【  事業内容 】休眠会社
【 資本金 】2億フィリピンペソ
【 大株主 】JVCKENWOOD Singapore Pte.Ltd.(在シンガポール)100%

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.