デジタル経済 進出・出資・撤退

東京海上HD、シンガポールのインシュアテック企業と資本業務提携契約を締結

投稿日:

東京海上ホールディングスは、保険商品をパートナーとなる事業者の商品・サービスに組込んで一つの商品・サービスとして提供するエンベデッド・インシュアランスのグローバル展開や、デジタル完結による革新的な保険加入プロセスの実現を目指し、シンガポールのインシュアテック企業bolttech Holdings Limited(CEO:Rob Schimek)と資本業務提携契約を締結した。2022年10月17日発表した。

bolttech社は2020年設立。様々な企業のサイト上でエンベデッド・インシュアランスなどの保険提供を可能とするプラットフォーム(Insurance Exchange)を通じて、デジタル完結型の保険を提供している。同プラットフォームの保険料収入や商品ラインナップ数は世界最大規模で、シンガポールや米国など世界30カ国で事業展開し、通信会社やeコマース事業者など800社を超える企業とパートナー契約を締結しているという。

東京海上グループは、bolttech社と協働することで、新たな商品・サービスを日本国内だけではなくアジア・北米を含めグローバルなスケールで提供していく。

具体的には、①bolttech社がもつノウハウと顧客基盤を活用して、新たなエンベデッド・インシュランスを開発し、日本国内だけではなく、海外のeコマース事業者のプラットフォームなど、グローバルに様々なマーケットで提供していく ②迅速かつ柔軟にカスタイマイズ出来るbolttech社のデジタルプラットフォームを活用して、デジタル完結型の新たな保険加入プロセスを構築し、海外グループ会社などで活用を進めてオンライン上で加入できる商品ラインナップを拡充していく ③bolttech社は、海外マーケットで家電や携帯のワランティ事業を展開し、制度設計や業務オペレーションに関して高度なノウハウを保有していることから、bolttech社と協働してアジアを中心にワランティ事業を展開していく――ことに取り組む。

◇bolttech Holdings Limited
【所在地】Suntec Tower Four #14-01, 6 Temasek Boulevard, Singapore 038986
【代表者】Rob Schimek
【  設立 】2020年

-デジタル経済, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.