進出・出資・撤退

セイコーウオッチ、シンガポールに合弁会社、『グランドセイコー』販売強化

投稿日:

セイコーウオッチ(東京都中央区)は、アジア・パシフィック地域での高級ウオッチブランド『グランドセイコー』の販売強化を目的に、新たにシンガポールにGrand Seiko Asia-Pacific Pte.Ltd.を設立し、2022年10月3日より営業を開始する。

Grand Seiko Asia-Pacific社は、セイコーウオッチとThong Sia Watch(Far East)Co.Ltd.の合弁会社となる予定で、セイコーウオッチの服部真二取締役会長とThong Sia WatchグループのJoseph Wong会長が共同名誉会長に就任する予定。

シンガポールを拠点に、アジア・パシフィック地域での『グランドセイコー』の販売、マーケティングを担い、小売り、卸売りの両面で更なる成長を目指す。今後、マリーナベイ・サンズに、シンガポール初となる「グランドセイコーブティック」をオープンし、その運営も担う。

『グランドセイコー』は2017年春にセイコーブランドから独立。以降、グローバルなマーケティング活動を強化している。

◇Grand Seiko Asia-Pacific Pte.Ltd.
【本店所在地】#B2-235, The Shoppes at Marina Bay Sands, Singapore
【  役員  】内藤昭男(会長)、河田芳克(社長)

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.