進出・出資・撤退

YCP Holdings(Global)社、印コンサルティングファームの全株式取得へ

投稿日:

YCP Holdings(Global)Limited(本社:シンガポール/取締役兼グループCEO:石田裕樹)は2022年11月1日開いた取締役会でインドに拠点を置くコンサルティングファームAuctus Advisors Private Limitedの発行済株式を100%取得し完全子会社化することを決議し、同日契約を締結した。

中核とするマネジメントサービス事業のインド地域の拠点強化およびYCPグループが新設したデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス事業部のサービス拡充を目的とする。経営統合により、YCPグループはこれまでの世界15拠点・プロフェッショナル約250人体制から、世界18拠点・プロフェッショナル約350人体制へと拡充する。

YCP Holdings(Global)社は、Auctus Advisors社の株主に対し、Auctus Advisors社の発行済株式数の90%の対価として現金10億2,000万インドルピー(18億3,400万円)を支払い、加えて株式取得後12カ月後までに、Auctus Advisors社の業績の達成度合いに応じた条件付対価(アーンアウト対価)として最大現金1億2,700万インドルピー(2億2,900万円)を支払う。さらに、株式取得後24カ月後までに、残る発行済株式数の10%の対価として、最大現金1億2,700万インドルピー(2億2,900万円)のアーンアウト対価を支払う。

また、Auctus Advisors社のマネジメントメンバーである株主が継続してYCPグループの業績に対する責任を果たしていくため、YCP Holdings(Global)社は同株主に対してYCP Holdings(Global)社普通株式を新規に発行することを検討する。

Auctus Advisors社のManish Manilal Chhedaマネージングディレクター兼共同創業者は、「Auctus Advisors社は2010年の設立以降、インド発の最も著名な経営コンサルティングファームの一つとなるまで成長を遂げてきた。両社経営陣は今後数カ月にわたって、経営統合やコンサルティング分野でのシナジー創出、デジタル分野でのサービス強化に向けて取り組んでいく」とコメントした。

YCP Holdings(Global)Limitedの石田裕樹取締役兼グループCEOは、「今後大きな経済成長が見込まれ、世界から注目が集まるインド地域を重要なマーケットとして捉え、事業拡大及び投資の機会を慎重に探ってきた。Auctus Advisors社は、インド地域で最も成功している独立系コンサルティングファームの一つであり、インド国内外における経営支援、デジタルトランスフォーメーション(DX)支援の経験と実績が豊富だ。経営統合を通じて、近年需要が急速に伸びているインド及び周辺地域における事業基盤を強化する」とコメントした。

◇Auctus Advisors Private Limited
【 所在地 】204, Ankur Co-Op. Housing Society K.G. Marg, Prabhadevi, Mumbai – 400025
【 代表者 】マネージングディレクター Manish Manilal Chheda
【事業内容】経営コンサルティングサービス及びDXソリューションの提供
【 資本金 】60万インドルピー(7,200米ドル、108万円)
【設立年月日】2010年7月13日
【従業員数】98人(2022年10月28日時点)
【発行済株式数】60,000株
【 大株主 】Manish Manilal Chheda 59.00%/Puneet Kaushik 20.00%/Abhilash Kumar Singh 10.00%/Abhishek Mukherjee 4.00%/Manan Chauhan 1.00%/Saurabh Singhal 5.25%/Jatin Gulati 0.75%

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.