総合

五洋建設、シンガポール総合病院の大型施設建築工事を受注、約806億円

投稿日:

五洋建設は、シンガポール保健省(MOH)よりシンガポール総合病院(SGH)の施設の新築工事を受注した。受注金額は約806億円。2018年8月開業したセンカン総合病院、2019年12月開業したアウトラム・コミュニティー病院に続くMOH発注の大型病院建築工事で、これまでの実績が評価され今回の受注につながったという。2022年6月23日発表した。

同工事は、MRT東西線と東北線およびトムソン・イーストコースト線が交差するOutram Park駅に隣接するエリアに広がるシンガポール総合病院の施設で、主にエレクティブケアセンター(Elective Care Centre)とナショナルデンタルセンター(National Dental Centre)で構成される。

エレクティブケアセンターは、シンガポール総合病院で行われている手術や治療の内、緊急性を要さない手術や治療が行われる施設となる。

ナショナルデンタルセンターは、歯科治療室だけでなく、歯科医の教育を行うための施設や先進の歯科治療装置などを研究する施設も設けられる。

同工事には、隣接する病院と接続するための連絡橋の新設も含まれている。

工事概要は下記の通り。

【工事名称】エレクティブケアセンター新築工事
【 発注者 】シンガポール保健省
【 施工者 】五洋建設
【施工場所】シンガポール、アウトラム地区

【用  途】医療施設、地下駐車場、連絡橋、地下連絡通路
【構  造】地下4階 地上20階建、RC造+S造
【最高高さ】113m
【延床面積】14万9,380.45m2(駐車場床面積除く)

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.