物流・ハブ 産官学連携

MOL PLUS、シンガポール「Smart Port Challenge2022」参画を決定

投稿日:

商船三井のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)MOL PLUSは、シンガポールで開催される海事アクセラレータプログラム『Smart Port Challenge(スマート・ポート・チャレンジ)2022』に、昨年に続きベンチャーキャピタルパートナーとして参画することを決めた。2022年6月23日発表した。

Smart Port Challengeは、シンガポール海事港湾庁(MPA)とシンガポール国立大学(NUS)の企業グループであるNUS Enterpriseが、海事産業におけるイノベーション創出とスタートアップ企業支援を目的に運営しており、今年で6回目となる。スタートアップ企業が海運・物流に関連する「スマートポート」「スマートシップ」「乗組員の安全・教育・福祉」「スマート物流」「クリーンテック(環境)」の5分野で課題解決策を提案する。

MOL PLUSは、Smart Port Challengeのエコシステムへの参画と支援を通じ、スタートアップ企業が持つ斬新なアイデアやテクノロジーと商船三井グループがもつリソースとの相乗効果および新規事業の創出を目指すとしている。

なお、 ベンチャーキャピタルパートナーとして、MOL PLUSの他、Motion Ventures、IMC Ventures、BSM INNOPORT、KSL Maritime Ventures、PSA Unboxed、TNB AURAが参画する。

-物流・ハブ, 産官学連携

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.