ニュース 日系機関・企業・社会

東京センチュリー、シンガポール船主の新造ばら積み船にジュニアローンを提供

投稿日:

東京センチュリーは、シンガポール船主の新造撒積船に対するジュニアローンを提供する。同船にはNTT・TCリースがシニアローンを提供していて、2020年2月に東京センチュリーが日本電信電話(NTT)と資本業務提携契約を締結して以降、船舶分野での初めての東京センチュリーとNTT・TCリースとの共同案件という。10月19日発表した。

9月29日には、今治造船グループのしまなみ造船(愛媛県今治市)で、東京センチュリーとNTT・TCリースの代表者が出席し、進水式を行った。

東京センチュリーは「引き続きNTT・TCリースをはじめとするNTTグループと様々な分野で協業を広げていく」と記した。

対象船主要目は下記の通り。

【  船型  】37,500MT 型撒積貨物船
【  船籍  】パナマ
【 建造造船所 】しまなみ造船
【 全長/型幅 】180m/29.8m
【竣工予定時期】2020年11月

同社広報担当者はシンガポール新聞社の取材に対して「プレスリリースで公表している以上の情報は伝えられない」と回答した。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.