スマートシティ・通信

パナソニック、500カ所への宅配ロッカー設置完了、効率的な配達システム実現

投稿日:

シンガポールに本社を置くPanasonic Connect Asia社と同社グループのRFNet Technologies Pte Ltd.(Director CEO:Deric Lee Chyan)は、シンガポール政府100%出資のPick Network Pte Ltdより2020年9月に受注したParcel Locker Networkプロジェクトのシステム開発、設置及び保守サービスについて、シンガポール全土500カ所への宅配ロッカー設置を完了した。2022年5月27日発表した。

シンガポール政府は急成長しているeコマースに対応するためParcel Locker Networkプロジェクトを打ち出し、多くのオンラインショップや配達業者が利用できる共通宅配プラットフォームを構築、より効率的でサステナブルな配達システムを実現することで、再配達の増加やそれに伴う環境エネルギー問題などの課題解決を目指している。

居住地区を中心にシンガポール全土1,000カ所に宅配ロッカーを設置することとし、このうちPanasonic Connect Asia社とRFNet Technologies社は500カ所分のソフト、ハードの開発・製造・設置、Locker Management System(クラウド上に構築するロッカー管理システム)のソフトウェア開発を受注した。

同システムは、Panasonic Connect Asia社とRFNet Technologies社にとって初の大型物流インフラシステムの構築案件で、消費者はオンラインショップで商品を購入する際に、配達先として最寄りのロッカーを指定すると、Locker Management Systemが指定された場所のロッカーを確保し、宅配業者にロッカーの場所を通知、宅配業者が指定されたロッカーに商品の配達を完了すると、Locker Management Systemから購入者にSMSまたはe-mailによって配達完了が通知され、購入者は24時間いつでも指定されたロッカーから購入した商品を受け取ることができるという。

Parcel Locker Networkプロジェクトのシステム構成

Panasonic Connect Asia社とRFNet Technologies社は、「今後はシステムの保守サービスを通じて、同プロジェクトの納入先で運営会社でもあるPick Network社と共に、より効率的でサステナブルな配達システムを実現していく」としている。

納入システムの主な仕様は下記の通り。

【システム名】Parcel Locker Network
【 設置数 】500
【 設置場所 】住宅地465、公共施設20、駅・バスターミナル13、商業施設2
【納入システム 主な特長】
・一カ所あたりサイズの異なる6種類の宅配ロッカー40~50台から構成
・全居住地区に対し徒歩5分圏内でピックアップ可能

◇Panasonic Connect Asia
【 代表者 】社長 山名 義範
【本社所在地】202 Bedok South Ave 1, #01-13, Singapore 469332
【  設立  】2022年4月(Panasonic Asia Pacific Pte.Ltdの社内カンパニー)
【 事業内容 】ASEAN地域におけるパナソニック商品の販売・マーケティング、システムソリューション・サービスの提供

◇RFNet Technologies Pte Ltd.
【 代表者 】Director CEO Deric Lee Chyan
【本社所在地】801 Lor 7 Toa Payoh,#05-02 WBL Building,Singapore 319319
【  設立  】2001年2月
【 出資会社 】Panasonic Asia Pacific. 52%出資
【 事業内容 】公共インフラシステム等の機器・ソフトウェアの開発・製造・販売、システムインテグレーションの施工・保守・メンテナンス、サービスを含むソリューションの提供

-スマートシティ・通信

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.