スマートシティ・通信 気候変動(低・脱炭素) 進出・出資・撤退

三菱商事・モルゲンロットが資本業務提携、シンガポールで大規模計算力提供へ

投稿日:

三菱商事は、分散型コンピューティングパワー(計算力)を提供するスタートアップのモルゲンロット(東京都千代田区、CEO 井上博隆)と、日本及びASEANにおける分散型コンピューティングサービスの共同構築を視野に資本業務提携契約を締結した。2022年5月20日発表した。

モルゲンロットは、独自の分散処理コア技術「Excalibur」を中核としたソフトウェア開発力と、最新のGPU技術を採用した先端ハードウェアシステムにより、高度な計算能力をクラウドベースで提供していて、超高解像度3Dレンダリング、シミュレーション、AI/機械学習/深層学習などの先端分野、各種研究開発機関の現場で採用されているという。

また、高性能GPUサーバーのノウハウを活かして、再生可能エネルギーや余剰電力を活用したコンテナ型などのグリーンデータセンターを展開。クリーンな計算力を安価に提供しているという。

三菱商事はモルゲンロットとの資本業務提携を契機として、大規模データ処理のための分散型データセンター網の構築や、リアルタイム処理・低遅延処理を実現するためのエッジコンピューティングインフラの開発・実装等による新たなビジネス機会の創出を図る。

両社は、資本業務提携に先立ち、既にシンガポールにおける大規模計算力提供事業の共同展開に向けた協議を開始した。シンガポールのDXをサポートするとともに、将来的にはその他ASEAN諸国への事業拡大も視野に入れているという。

-スマートシティ・通信, 気候変動(低・脱炭素), 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.