物流・ハブ

国際協力銀行、台湾船社シンガポール法人にコンテナ船12隻建造資金を融資

投稿日:

国際協力銀行(JBIC)は2022年4月11日、台湾法人Wan Hai Lines Ltd.(WHL)グループのシンガポール法人Wan Hai Lines(Singapore)Pte Ltdとの間で、コンテナ船の購入資金として船舶輸出バイヤーズ・クレジットの貸付契約を締結した。

シティバンク、エヌ・エイ東京支店、みずほ銀行との協調融資で、民間金融機関の融資部分には日本貿易保険(NEXI)による保険が付く。

WHLグループは、コンテナ船の保有・運航を専門とする台湾の大手コンテナ船社グループで、融資は日本の造船大手ジャパン マリンユナイテッドと日本シップヤードにより建造される3,013TEU型コンテナ船12隻を購入する資金に充てられる。

*****************

日本貿易保険は2022年4月12日、シティバンク、エヌ・エイ東京支店、みずほ銀行融資部分についての保険引き受けを決定したと公表した。

【 被保険者 】シティバンク、エヌ・エイ東京支店、みずほ銀行
【保険責任期間】約13年
【てん補範囲・付保率】非常危険100% 信用危険95%

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.