物流・ハブ

エクシオG、カンボジアでの港湾EDIシステム構築完了、入出港手続き等効率化

投稿日:

エクシオグループは2022年10月12日、カンボジアの港湾近代化のための電子情報処理システムである港湾EDI(Electronic Data Interchange)システムの構築が完了したと発表した。

同案件は、日本政府・国際協力機構による無償資金協力事業案件で、カンボジア港湾手続きシステム「CNSW(Cambodia National Single Window)」の開発実績があるエクシオグループのシンガポール法人GUUD Pte.Ltd.とともに、2020年11月から開発に取り組んでいた。

港湾EDIシステムの構築が完了したことにより、シハヌークビル港及びプノンペン港での入出港に係る申請・届出等の電子化を実現、入港前に手続き書類をオンラインで提出でき、入港と同時に荷下ろしが可能になるなど、カンボジアの輸出入手続きの効率化、手続きの透明性向上、コスト削減などが実現した。

8月17日、カンボジア公共事業運輸省(Ministry of Public Works and Transport)のスン・チャントール上級大臣ほか、駐カンボジア日本大使、国際協力機構(JICA)カンボジア事務所長ら国内外関係者約200人を集め、港湾EDIシステム運用開始セレモニーをプノンペンで実施した。

エクシオグループは、「今後、IoTソリューションを提供するグループのシンガポール法人Ascent Solutions Pte.Ltd.と連携し、IoT技術を活用した貿易デジタルソリューションの実現に向け、CNSWプロジェクト、港湾EDIプロジェクトの拡張をカンボジア政府に提案していく」としている。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.