気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

政投銀、日系船主Kumiai社に船舶取得資金融資、Class NKが脱炭素等でS評価

投稿日:

日本政策投資銀行(DBJ)は、日本海事協会(Class NK)と共同運用するZero-Emission Accelerating Ship Financeに基づき、Class NKが実施したシンガポールの日系船主Kumiai Navigation(Pte)Ltdが保有するLPG二元燃料大型LPG運搬船“CRYSTAL OASIS”に対する評価を踏まえ、Kumiai Navigation社に対して同船取得資金を使途とした融資を実行した。2022年9月15日発表した。

同プログラムでは、DBJとClass NKが共同開発した「脱炭素・環境配慮性能・先進性」の観点での総合スコアリングモデルに基づき、ClassNKが船舶の評価を実施し、DBJが投融資を提供する。

“CRYSTAL OASIS”については、(1)主機関にLPGを使用可能な二元燃料エンジンを採用し、排ガス中の硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素(CO2)などの排出量の大幅削減が可能で、エネルギー効率設計指標(EEDI)フェーズ3を規制の強制化に先んじて達成している (2)排ガス再循環(EGR)装置及び選択式触媒還元(SCR)脱硝装置の搭載により、窒素酸化物(NOx)3次規制を満足している (3)大気・海洋汚染防止への更なる配慮として、国際条約で義務化されていない様々な環境技術を導入し、特別な環境対策や先進的な環境対策が講じられたClassNK船級船に対するノーテーション“Environmental Awareness(EA)”及び“Advanced Environmental Awareness(a-EA)”を有する――点などを評価し、最高ランクのS評価を付与した。

同プログラム第1号案件となった“CRYSTAL OASIS”は、川崎重工業坂出工場で建造され、2022年6月にKumiai Navigation社に引き渡された。

◇CRYSTAL OASIS(IMO番号:9915806)
【   船種  】LPG運搬船
【カーゴタンク容量】84,000cbm
【建造造船所】川崎重工業 坂出工場

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.