気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

NSU海運、シンガポールで鉱石船にバイオディーゼル燃料供給・試験航行実施

投稿日:

NSユナイテッド海運は2022年3月28日、日本製鉄とシンガポールの燃料供給企業・豊田通商ペトロリアム社の協力のもと、シンガポール港で日本製鉄向け大型鉱石船“NSU BRILLIANCE”にバイオディーゼル燃料を供給し、“NSU BRILLIANCE”は鉄鉱石の積出港がある南アフリカに向かう途中でバイオディーゼル燃料による試験航行を実施したと発表した。

採用したバイオディーゼル燃料はマレーシアで収集した廃食用油を原料として精製されており、廃棄処分予定のものを再利用することから、従来の化石燃料と比べて燃料の生産から消費までのライフサイクルを通した温室効果ガス排出削減効果がある。欧州で広く採用されている『International Sustainability and Carbon Certification(ISCC)』認証を取得し、原料のトレーサビリティを確保しているという。

バイオディーゼル燃料は既存の舶用エンジンで使用可能で、バンカリングのための既存インフラを活用できる点で汎用性の高い低炭素燃料と考えられている。

“NSU BRILLIANCE”の概要は下記の通り。

【船籍国】リベリア
【竣工年月】2019年12月
【載貨重量トン数】249,989MT
【夏季満載喫水】18.026M
【 全長 】329.95M
【 全幅 】57.00M
【造船所】名村造船所

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.