気候変動(低・脱炭素)

国際協力銀行、JERAシンガポール法人による比・大手電力株式取得資金を融資

投稿日:

国際協力銀行(JBIC)は2021年12月27日、JERAとの間で、融資金額6億3,000万米ドル(JBIC分)の融資契約を締結した。民間金融機関との協調融資で、協調融資総額は約10億6,300万米ドル相当。JERAがシンガポール法人JERA Asia Pte.Ltd.を通じて、フィリピン法人Aboitiz Power Corporationの発行済み株式の一部を取得する資金に充てられる。

発表によると、Aboitiz Power社はフィリピン大手財閥グループAboitiz Equity Ventures Inc.の子会社で、約460万kW(建設中を含む)の発電所を保有・運営する大手電力会社。

JERAは、Aboitiz Power社への出資により、フィリピンにおけるエネルギーの安定供給を支えるとともに、フィリピンの脱炭素化への貢献を目指す。

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.