総合

クリアル、SPHとの日本向けヘルスケア関連不動産ファンド第三号案件クローズ

投稿日:

不動産関連事業のクリアル(東京都台東区)は2021年11月10日、Singapore Press Holdings Ltd(SPH)と共同設立した日本の介護施設・メディカルセンター等のヘルスケア関連不動産向けの第三号ファンドが、クリアルが組成しアセットマネージャーを務める合同会社Straits Himawari GK Twoを通じて介護付き有料老人ホーム『ヒューマンサポート筑西』(茨城県筑西市)を10月15日に取得したと発表した。

介護付き有料老人ホーム『ヒューマンサポート筑西』

『ヒューマンサポート筑西』は居室総数80室。日本ヒューマンサポート(埼玉県春日部市)が事業運営を行っている。

クリアル(2021年3月にブリッジ・シー・キャピタルから社名変更)とSPHは2019年10月に共同で日本の介護施設・メディカルセンター等のヘルスケア関連不動産に対し投資を行うファンドを設立・運営することで合意し、2020年3月に第一号ファンドとして3件の有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅を、2020年8月に第二号ファンドとしてサービス付き高齢者向け住宅を2件取得している。

クリアルは、今後もヘルスケア関連不動産の積み上げを行い、ファンド拡大を目指すとしている。

※関連記事「シンガポール・プレスHD、日本向けヘルスケア関連不動産ファンド設立で合意

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.