ニュース 日系機関・企業・社会

シンガポール・プレスHD、日本向けヘルスケア関連不動産ファンド設立で合意

更新日:

シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)は、資産運用のブリッジ・シー・キャピタル(本社・東京都中央区)と日本の病院・介護施設・メディカルセンター等のヘルスケア関連不動産に対し投資を行うファンドを共同設立・運営することで合意した。ファンド設立のため5,000万シンガポールドル(約40億円)を出資する。ブリッジ・シー・キャピタルが10月24日発表した。

SPHのNg Yat Chung CEO(中央左)、ブリッジ・シー・キャピタルの横田大造社長(中央右) 写真:Lianhe Zaobao © Singapore Press Holdings Limited.

SPHはシンガポールのメディア最大手で、新聞・出版・デジタルメディア・ラジオ等を展開。不動産分野ではシンガポール上場REITを運営し、不動産事業をグローバルに展開している。ヘルスケア分野では、2017年にシンガポール大手老人ホーム運営会社を買収し、高齢化社会が進むシンガポールで事業展開を進めている。高齢化が進む日本でヘルスケア分野の不動産への投資を通じ、不動産事業の収益に加え、日本のヘルスケア事業のノウハウを吸収することにより、シンガポールにおけるヘルスケア事業のオペレーション改善も企図しているという。

両社は今後、共同でファンドを拡大し、早期に500億円のファンド組成を目指すとしている。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.