総合

アダル、オカムラシンガポール法人と国産天然い草家具の独占代理店契約締結

更新日:

業務用家具メーカーのアダル(福岡市博多区)は、100%国産天然い草を使用した家具コレクション「Look into Nature」のシンガポールにおける独占代理店契約をオカムラのシンガポール法人Okamura International(Singapore)Pte Ltdと2021年4月に締結し、10月よりシンガポールのショールームで展示を開始した。ハブ拠点であるシンガポールからアジアのみならず欧州も視野にマーケット拡大を目指す。2021年11月4日発表した。

発表によると、国産い草は香りが高く、リラックス効果、湿度調整、空気浄化、悪臭物質の吸着、防汚性、難燃性などの優れた機能を持っている。従来、床や座布団など平面的に用いられてきたが、アダルは現代のライフスタイルに合うデザインを提案している。

い草

また、い草は生産過程における環境負荷が低いサステナブルな素材で、い草を1ha栽培すると生育過程で約6.5トンの二酸化炭素(CO2)を吸収(削減)する。これは4人家族が生活する際に排出するCO2の1年2カ月分に相当するという。

なお、2021年4月に代理店契約を締結したが、ショールームでの展示が10月からとなったのは、シンガポールにおける新型コロナウイルス感染症対策の影響によるという。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.