進出・出資・撤退

JA三井リース、シンガポールに地域統括会社設立、マレーシア法人営業開始

更新日:

JA三井リース(東京都中央区)は2021年10月5日、新規設立したマレーシア現地法人JAML Malaysia Sdn.Bhd.の営業を開始したと発表した。

JA三井リースグループは2019年10月にマレーシアの首都クアラルンプールに駐在員事務所を開設。市場調査を進めた結果、マレーシアはJA三井リースグループがグローバルに展開するアセットファイナンスとの親和性が高いと結論づけた。2020年10月にJAML Malaysia社を設立、事業ライセンス取得など必要手続を完了し、2021年10月営業開始した。金融ノウハウを活かしながら、自動車製造設備、物流、半導体、情報通信、建設機械、再生可能エネルギーなど幅広い分野でサービスを展開していく。駐在員事務所は閉鎖する予定。

また、JA三井リースグループは、JAML Malaysia Sdn.Bhd.の設立によりアジア・パシフィックの国・地域に複数拠点を構えることとなったことから、地域全体の効率的なグループ経営、および機動的で横断的な戦略決定を行うため、2021年3月シンガポールに地域統括会社JA Mitsui Leasing Asia Pacific Holding Pte.Ltd.を設立した。

今後、JAML Malaysia Sdn.Bhd.とJA Mitsui Leasing Singapore Pte.Ltd.の2社をアジア・パシフィック地域統括会社の傘下に資本再編する。同地域の新規出店についても継続的に取り組んでいく予定という。

◇JA Mitsui Leasing Asia Pacific Holding Pte.Ltd.
【 代表者 】大野 友丈(兼 Managing Director, JA Mitsui Leasing Singapore Pte.Ltd.)
【 所在地 】1 Raffles Place,#18-02 One Raffles Place,Singapore 048616
【事業内容】地域統括業務
【 資本金 】18万9千米ドル
【出資比率】JA三井リース100%

◇JAML Malaysia Sdn.Bhd.
【代表者】米田真也
【所在地】Suite 1, Lot 11 05,Level 11, Menera Hap Seng 2,Letter Box No.2 Plaza Hap Seng,No.1,Jalan P. Ramlee,50250,Kuala Lumpur,Malaysia
【事業内容】リース・ファイナンス業
【 資本金 】406万4千リンギット
【出資比率】JA三井リース100%(JA Mitsui Leasing Asia Pacific Holding Pte.Ltd. 100%に変更予定)

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.