気候変動(低・脱炭素) 進出・出資・撤退

伊藤忠商事、地上鉄租車(深圳)とASEANで商用EV総合リースサービス事業

更新日:

伊藤忠商事は、出資先の地上鉄租車(深圳)有限公司と、数年以内に日本とASEAN各国で商用電気自動車(EV)の導入・運営管理を一括で請け負う商用EV総合リースサービス事業の設立を目指すことで合意し、戦略提携協議書を締結した。2021年9月22日発表した。

地上鉄は2015年設立。中国でEV物流車に特化した総合リースサービス事業を展開し、現在、中国全土約200都市で4万台の商用EVを管理・運営する。伊藤忠商事は2018年に地上鉄に出資参画し、中国国内での事業拡大に向けて協業を進めてきた。

今回、地上鉄が中国国内で培った車両選定・調達能力、EV・バッテリー管理システム等のハード・ソフト面のノウハウと、伊藤忠商事の海外ネットワークを活用し、共同で海外で事業展開を目指すことに合意した。

海外展開専門の共同チームを立ち上げ、早期の事業展開を目指す。既に日本とシンガポールではパートナー選定・事業検証が進んでいるという。今後、他のASEAN地域でも同様の協議を各国パートナーと開始する予定という。

◇地上鉄租車(深圳)有限公司
【 代表者 】張海莹
【本社所在地】中国広東省深圳市福田区深南中路2002号中核大厦15F
【設立年月日】2015年4月
【資本構成】深圳市新创绿能投资有限公司13%、他87%
【従業員数】約950人

-気候変動(低・脱炭素), 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.