ニュース 日系機関・企業・社会

SBIホールディングス、モンゴル系のシンガポールのフィンテック企業に出資

投稿日:

SBIホールディングスは2021年7月7日、シンガポール子会社SBI VEN HOLDINGS PTE. LTD.がモンゴル発のシンガポールのフィンテック企業AND Global Pte.Ltd.(最高経営責任者:ホス エルディン バータルホ)に出資したと発表した。

AND Global社は、モンゴルの起業家アナラ チンバータル氏(現・創業者兼会長)により2017年に設立された。発表によると、モンゴル国内の一般消費者向けにAIスコアリングを活用した独自開発の審査システムに基づく少額無担保ローンアプリ「LendMN(レンド・エム・エヌ)」提供を主力事業とし、2021年6月時点の登録ユーザー数はモンゴル人口の1/4以上の約93万人に達している。

また、自社のモバイル・コマース事業とあわせて他社サービスをAPI接続で繋げ、統合した仕組みで提供するスーパーアプリ「SuperUp(スーパー・アップ)」を通じて同国内で23の加盟店と提携することでデジタル・エコシステムを構築し、公共サービス、デリバリーサービス、フードデリバリー、資産運用、旅行予約などの分野でサービスを提供している。

LendMNを運営する子会社は事業開始後11カ月の2018年3月にモンゴル証券取引所に初のフィンテック企業として上場を果たした。

AND Global社は設立当初から海外展開志向で、2018年にフィリピンのNBFI(ノンバンク金融機関)ライセンスを取得、フィリピン版LendMNとなる「LendPinoy」を提供している。

さらに、両国での事業経験を経て、「FaaSソフトウェア」(AIを利用したクレジットスコアリング、デジタルウォレット、eコマース、eペイメント、デジタルレンディング等)をクライアントへ提供し、金融および金融代替テクノロジーをビジネスにシームレスに統合できるFaaS事業も開始しているという。

SBI VEN HOLDINGS社は70%出資するカンボジアのSBI LY HOUR BANKなどのグローバル子会社でAND Global社のFaaS導入を検討するとともに、AND Global社及びAND Global社の株主である丸紅とも連携し、①アジア太平洋地域にてAND Global社のFaaSの導入・拡散の推進 ②戦略的な新規事業の共同創出 ③既存のネットワーク(クライアント、グループ会社、ファンドを通じた投資先等)を活用した持続可能で先進的なテクノロジー・ソリューションの共同創出・導入及びデジタル・エコシステムの構築を推進――するとしている。

◇AND Global Pte.Ltd.
【所在地】シンガポール
【 設立 】2017年3月
【 会長 】ANAR Chinbaatar
【最高経営責任者】KHOS-ERDENE Baatarkhuu
【事業内容】少額無担保ローンアプリ「LendMN」などのフィンテックソリューションの開発・提供

※関連記事「丸紅、シンガポールのフィンテックベンチャーに出資、事業拡大を支援

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.