ニュース 日系機関・企業・社会

セガサミーHD、Genting Singapore社などと横浜市にIR参画RFP提案書提出

投稿日:

セガサミーホールディングスは2021年6月11日開いた取締役会で、日本国内統合型リゾート(IR)事業への参画を目指して、シンガポールのリゾート施設運営企業Genting Singapore Limitedと協業し、綜合警備保障、鹿島建設、竹中工務店、大林組とともにコンソーシアムを組成し、横浜市の実施する特定複合観光施設設置運営予定者の公募(RFP)に応募することを決定した。同日、横浜市にRFP提案書を提出し受理された。なお、日本国内IR事業への参画は、合弁会社の設立等を目的とした株主間契約の締結等のプロセスを進める必要があるほか、RFPにおいて同コンソーシアムが事業者として選定され、その後に横浜市が特定複合観光施設区域として区域認定されること等の一連の事業者選定プロセスを通過することが前提条件となる。同日発表した。

発表によると、セガサミーホールディングスは2012年以降、宮崎県のフェニックスリゾートのグループ会社化や、韓国における合弁会社PARADISE SEGASAMMY Co.,Ltd.を通して、統合型リゾートの開発・運営ノウハウを蓄積してきた。

その過程で、シンガポールでリゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)の開発・運営に成功しているGenting Singapore社が日本国内IR事業を成功させるためのベストパートナーと判断し、協業して日本国内IR事業の市場分析、開発計画の立案、コンソーシアム組成等のプロセスを進め、RFP応募準備をしていたという。

セガサミーホールディングスは、事業者選定、区域認定等の一連のプロセスを通過する事を前提に事業開始期日までの累計で最大約1,200億円を支出する予定。なお、支出額は今後の金融機関からの借入等の割合により変動する可能性がある。また、最大限支出した場合でも同事業は連結対象にはならない予定という。

支出金額は、一連のプロセスを経て事業者として選定される事等を前提としているため、2022年3月期通期連結業績への影響は軽微。

概要は下記の通り。

【 事業内容 】横浜市におけるIR施設の企画・開発・運営
【  日程  】
取締役会決議日:2021年6月11日
事業者選定  :2021年夏(予定)
区域認定   :2022年5月以降 (予定)
事業開始期日 :2020年代後半 (予定)

◇Genting Singapore Limited
【所在地】10 Sentosa Gateway, Resorts World Sentosa, Singapore
【代表者】President COO, Tan Hee Teck
【事業内容】統合型リゾート施設の開発・運営
【資本金】55億2,800万S$(約4,587億円)
【設立年月日】1984年8月16日

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.