総合

エクスペディア調べ、シンガポール人「旅行計画には9時間以上必要になった」

更新日:

総合旅行サイト・エクスペディアは2021年5月5日、「トラベル・コンパニオン・レポート」を発表した。世界中でCOVID-19予防接種の普及が加速しているにもかかわらず、シンガポール人の半数(42%)が海外旅行の予約にストレスを感じていることが分かったという。また、シンガポール人は再び旅行することを楽しみにしているが、71%の人が少なくとも一度は「予約」を後回しにしたことがあり、旅行の計画には9時間以上必要だと見積もっているという。

シンガポール人は今後12カ月の旅行予約で重要だと考えていることについて下記の通り回答した。

①COVID-19に関連した旅行の手続き、検査、許可に関するすべての情報を一度に知る必要がある(63%)
②各国の制限、ガイドライン、手続きを含むすべての旅行関連情報を一度に入手できること(56%)
③予約の最終的な費用がチェックアウト時ではなく事前に表示されること(54%)
④旅行のキャンセルや変更を含む予約関連の質問に対するサポート(45%)

また、旅行中のストレスや不安を解消する方法として、シンガポール人は下記を挙げた。

①音楽を聴く(64%)
②シリーズ物や映画を見る(47%)
③読書(38%)
④瞑想する(34%)
⑤旅仲間に助けを求める(30%)
⑥誰かの手を握る(26%)

また、COVID-19パンデミック発生前からシンガポール人の大多数(83%)は最高の旅実現のために休暇中の「助け手」に感謝していたと回答した。「最も感謝している」の上位は下記のとおりだった。

①お気に入りの旅行アプリ(57%)
②ツアーガイド(39%)
③ホテルのスタッフ(38%)
④旅行代理店(35%)

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.