ニュース 日系機関・企業・社会

エコマリンパワー研究所、シンガポール船舶管理会社含むアドバイザリーG発足

投稿日:

再生可能エネルギーシステム・船舶デザインコンセプト開発のエコマリンパワー(福岡市)は2021年2月2日、傘下のエコマリンパワー研究所にアドバイザリーグループが発足したと発表した。

発起メンバーは、エコマリンパワーのほか、ADNOC Logistics and Services(アブダビ)、ZEABORN Ship Management Pte. Ltd(シンガポール)、StarBulk(ギリシャ)、古河電池、寺本鉄工所で、▽船舶の排出量削減、燃料消費量の削減、エネルギー効率の向上に関するアイデアや情報の交換 ▽海運業界の脱炭素化に向けた移行を促進するために利用可能な技術ベース/運用関連のソリューションを研究 ▽エコマリンパワー研究所内の企業に対する今後の研究開発やソリューション開発プロジェクトに関する指導 ▽海運業界外に目を向け、船上での使用に適応可能性あるソリューションについて、いかに海運用に開発できるかなどを検討――を通じて、船舶のゼロ排出から革新的な省エネ装置や戦略の研究を支援していく。

アドバイザリーグループは2月中に第1回オンライン会議を開催する。今後も、海運業界内外からの会員企業を募り、年内にはグループの規模を拡大する予定という。

エコマリンパワーとZeaborn Ship Management Pte.Ltdは、これまでも船舶用ソーラーパワーの試験などのプロジェクトで協力しているという。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.