ニュース 日系機関・企業・社会

住友商事、シンガポールの建設機械販売・レンタル企業を完全子会社化

投稿日:

住友商事は2021年1月27日、東南アジアで建設機械販売・レンタル事業を展開するシンガポール企業Aver Asia (S) Pte Ltdの株式100パーセントを取得し、完全子会社化したと発表した。

「東南アジアでは、インフラ整備や都市化による建設需要の拡大が見込まれ、建設投資は今後5年間のうちに倍増すると言われている」としたうえで、「経済発展に伴う人件費の増加や安全意識の高まりに伴い、建設工事の機械化がさらに進み、建設機械は保有からレンタルへの移行が加速すると予想される」と買収理由を説明した。

Aver Asia社は、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイなど東南アジア7カ国で建設機械の販売代理店およびレンタル事業を展開し、高所作業車やコンプレッサー、発電機を主力商品として取り扱っているという。また、各国では、市場の成熟度によってビジネスモデルを変化させる地場密着型で事業展開しているという。

住友商事は、18カ国で建設機械販売、サービス代理店、建設機械レンタル会社を展開し、年間売上高は4,000億円超に上る堅固な事業基盤を築いている。建設機械レンタルビジネスでは、日本・米国を中心に事業展開しており、今後は日本・米国・東南アジアの3地域でのノウハウの相互活用や経営資源の最適配分を行い、さらなる強化・拡大を目指すとしている。

Aver Asia社の概要は下記の通り。

【 社名 】Aver Asia (S) Pte Ltd
【本社所在地】シンガポール
【従業員数】477人(2019年12月末時点)
【 拠点 】16拠点
【 売上高 】9,000万シンガポールドル(2019年12月期約70億円)

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.