デジタル経済 進出・出資・撤退

東海東京コンソーシアム、シンガポールICHX Tech社の増資ラウンドに出資

更新日:

東海東京フィナンシャル・ホールディングスのシンガポール現地法人Tokai Tokyo Global Investments Pte.Ltd.は2021年1月21日、シンガポールのセキュリティ・トークン取引所iSTOXを運営するICHX Tech Pte.Ltd.(ICHX社)のシリーズA2増資ラウンドへJICベンチャー・グロース・インベストメンツ、モバイル・インターネットキャピタル、日本政策投資銀行、十六銀行と共に、東海東京コンソーシアムとして合計で1,003万3,298米ドル出資することで合意したと発表した。

セキュリティ・トークン(ST)は、ブロックチェーン技術等により主に株式、債券、不動産などを裏付け資産としてデジタル化した証券で、東海東京フィナンシャル・ホールディングスグループは前回2019年の出資以降、ICHX社の日本における重要なパートナーとして、日本の発行体・投資家をアジアで初めて政府認可を受けたiSTOXへ取り次ぐなどのサービス提供の準備を進めている。「ブロックチェーン技術を活用したST取引は、証券取引の決済期間の短縮化、24 時間365日マーケットにアクセス可能なこと(流動性の向上)やコストの大幅な削減など、発行体・投資家にとって大きなメリットをもたらす。今回出資は、ST事業における重要なパートナーであるICHX社と共に日本の発行体・投資家向けサービスの開発に取り組むことで、日本におけるSTビジネスの更なる発展を企図するもの」としている。

ICHX社は金融テクノロジー企業で、2017年にiSTOXを設立。デジタル証券の発行、カストディ、セカンダリー取引のためのマルチアセットプラットフォームとして、2020年2月にシンガポール通貨金融庁(MAS)よりRMO(Recognised Market Operator)及びCMS(Capital Markets Services)ライセンスを取得した。

ICHX社の概要は下記の通り。

【会社名】ICHX Tech Pte. Ltd.
【登記番号(シンガポール)】201731973M
【 本社 】150 Beach Road Gateway West #06-03/04 Singapore 189720
【 設立 】2017年11月7日
【事業内容】金融サービス事業、情報システム事業
【代表者】Danny Toe(CEO)
【資本金】4,069万8,689.95シンガポールドル
【主要株主】
ICH Singapore Holdings Pte.Ltd.
Asian Gateway Holdings Pte.Ltd.(SGX100%子会社)
Heliconia Capital Management Pte.Ltd.(シンガポール財務省が所有する投資会社テマセクの子会社)
その他

※関連記事「東海東京フィナンシャルHD、シンガポールのSTO取引所運営ICHX社に出資

-デジタル経済, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.