物流・ハブ

日本通運、タイ発シンガポール経由日本向けTruck & Sea複合輸送サービス開始

更新日:

日本通運の南アジア・オセアニア地域統括会社NIPPON EXPRESS(SOUTH ASIA & OCEANIA)PTE.,LTD.は2020年11月17日、トラック輸送と海上輸送を組み合わせたBCP対応用の輸送サービスを開始した。

東南アジア発海上貨物は、本船のスペース不足やコンテナ不足の状況が続き、輸送遅延や貨物の受託ができないなどの影響が生じているといい、特に影響が顕著なタイ発貨物において日本および他国への輸送ルートを確保するため、クロスボーダー・トラックを利用してポートケラン港やシンガポール港へ分散する輸送サービスを開発したという。

タイ発マレーシア・ポートケラン経由サービスは、タイからポートケランまでのクロスボーダー・トラック輸送と、ポートケラン港から日本の主要港までの海上輸送を組み合わせたサービスで、バンコクから東京港までのリードタイムは最短16日となる。

タイ発シンガポール経由サービスは、タイからシンガポールまでのクロスボーダー・トラック輸送と、シンガポール港から日本の主要港までの海上輸送を組み合わせたサービスで、バンコクから東京港までのリードタイムは最短14日となる。

両サービスとも、日本通運がHouse Waybillを発行し、発地から着地まで一貫して輸送責任を明確化する。輸送料金は海上輸送の約2~3倍程度という。同社担当者は「日本向け以外も、マレーシア、シンガポールからサービスがある航路については、要望等に応じて対応する」と話した。

なお、通常、バンコク周辺から東京港まで海上輸送した場合13日要する。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.