ニュース 日系機関・企業・社会

伊予銀行、アライアンス地銀の信用状受け入れ日系シンガポール現法に融資実行

投稿日:

伊予銀行は7月30日、地銀広域連携の枠組み「TSUBASAアライアンス」(参加10行=伊予・千葉・第四・中国・東邦・北洋・北越・武蔵野・滋賀・琉球)を活用し、日本アジアグループ(東京都千代田区)のシンガポール連結子会社Primustech Pte Ltdに対して、シンガポールドル建て融資を実行した。同日発表した。

日本アジアグループは、国内外で防災や行政支援などの社会インフラの整備・構築などを手掛けており、Primustech社は主に公共機関向けにビルマネジメントシステムやインフラ監視システムなどを提供している。Primustech社の資金需要に対して、千葉銀行と武蔵野銀行がスタンドバイL/C(信用状)を発行し、シンガポールに支店を置く伊予銀行が同L/Cを受け入れ、融資を実行した。

案件概要は下記の通り。

【融資実行日】2020 年7 月30 日(木)
【 融資形態 】タームローン
【 融資金額 】5百万シンガポールドル
【 融資期間 】1年
【 資金使途 】運転資金
【融資取扱店】伊予銀行シンガポール支店
【L/C発行店】千葉銀行秋葉原支店、武蔵野銀行東京支店

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.