総合

シンガポール民間航空局、6月2日以降旅行者のチャンギ空港通過可能に

更新日:

シンガポール民間航空局(CAAS)は2020年5月20日、旅行者が6月2日以降徐々にチャンギ国際空港を通過できるようにすると発表した。

COVID-19感染防止対策を十分に確保しながら、経済と人々の需要に応えるシンガポールの戦略の一環という。

CAASは、予防措置として、トランジットの乗客をトランジットエリアの指定された施設に留まらせ、チャンギ空港からの出発を待つ間、他の乗客と分離する。

空港スタッフは、乗客対応の際に個人用保護具を着用し、安全な距離を確保するとともに、旅客とスタッフの体温測定など既存の予防策を引き続き実施する。

各航空会社はチャンギ空港を経由する場合の乗り換えレーンについて、CAASに提案する必要があり、CAASは安全性、公衆衛生への配慮、乗客と航空乗務員の健康などの観点から評価する。

現在、外国からの旅客は、政府が手配した本国送還便に乗っている場合にのみ、シンガポールを通過できる。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.