物流・ハブ

シンガポール・チャンギ空港、5月16日(土)からターミナル4の操業を停止

更新日:

チャンギ国際空港は2020年5月16日(土)からターミナル4(T4)の操業を停止する。現在、T4を使用して運航を継続しているキャセイパシフィック航空と大韓航空はT1で運航する。その他の航空会社が運航を再開した場合、T1またはT3で運航する。Covid-19の世界的な流行による航空便の急減に対応するためのターミナルの統合措置で、各種サービスや清掃などのランニングコストを節約する。T4の再開時期は旅行需要の高まりと航空会社の状況で判断するという。チャンギ・エアポート・グループ(CAG)が2020年5月12日発表した。

T4の店舗とレストランは閉鎖され、T3と接続するシャトルバスサービスも停止する。

チャンギ空港は2020年4月、3,870機の航空機及び2万5,200人の旅客に対応した。航空貨物量は9万6,500トンだった。

※関連記事
キャセイパシフィック航空、6月21日から香港=シンガポールを1日1便運航
シンガポール・チャンギ空港、ターミナル2を5月から18カ月間操業停止

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.