ニュース 日系機関・企業・社会

吉本興業、マレーシア動画配信大手とシンガポールに合弁設立

投稿日:

吉本興業は4月8日、アジアを中心にインターネット映像ストリーミングサービスを展開するマレーシアの動画配信大手iflix(アイフリックス社)に出資することで合意したと発表した。両社は5月ごろまでに50%ずつ出資する合弁会社をシンガポールに設立し、よしもとグループなどが制作する日本の動画コンテンツをアジア・新興国市場に向けて提供していくほか、アジア市場向けのオリジナルコンテンツを共同制作する際のプラットフォームとする。吉本興業が海外メディアに出資するのは初めてで、アジアのメディア市場へのPR効果も期待できるという。

アイフリックス社は2015年にマレーシアで創業。アジア・中東・北アフリカ22カ国で映像ストリーミングサービスを提供する。近年は、各国向けにローカライズしたドラマやリアリティーショウなど現地オリジナル作品に注力しており、アクティブ会員は2019年4月現在1,000万人以上。

吉本興業の清水英明副社長は、出資の背景について「アイフリックス社がローカルに焦点を当て、アジア各国のマーケット分析による膨大な知見を持つことに魅力を感じた」と話した。

会見する吉本興業の清水英明副社長(左)とiflixのマーク・ブリットCEO

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.