総合

国際協力銀行、ヨシムラ・フードHDにシンガポール企業買収資金の一部を融資

更新日:

国際協力銀行(JBIC)は2019年10月23日、三菱UFJ銀行(MUFG)との間で、ヨシムラ・フード・ホールディングスによるシンガポールの冷凍水産加工品販売企業Pacific Sorby PTE.LTD.買収資金の一部を融資する貸付契約を締結した。同日発表した。

JBICがMUFGとの間で締結済みのM&A等及び中堅・中小海外事業支援クレジットライン設定のための一般協定に基づき、同行を通じて融資を行うもので、JBIC融資承諾額は300万米ドル。

発表によると、ヨシムラ・フードHDは、PSPL社の買収により、同社が持つシンガポール国内外の販路を活用し、グループ傘下の中小食品企業のアジア市場における商品拡販等による事業拡大を企図している。

JBICは、2018年3月及び2019年3月にもヨシムラ・フードHDに融資している。

※関連記事「ヨシムラ・フードHD、シンガポールの水産品加工メーカーを子会社化

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.