総合

安倍首相、シンガポールのハリマ・ヤコブ大統領と会談、即位の礼に参列で訪日

更新日:

安倍晋三首相は2019年10月23日午前8時20分頃から約15分間、訪日中のシンガポールのハリマ・ヤコブ大統領と会談した。ルイ・タックユー駐日シンガポール大使らが同席した。

提供・首相官邸

冒頭、安倍首相は、ハリマ・ヤコブ大統領による訪日を歓迎した上で、「大統領の立場として初めての来日の機会に、初めてお会いできたことを光栄に思う」「先に発生した台風19号の被害に関し、リー・シェンロン首相からの丁寧なお見舞いのメッセージに心から感謝する」旨述べた。

これに対し、ハリマ・ヤコブ大統領は「即位の礼に際し、御祝い申し上げる。即位礼正殿の儀に参列できたことは名誉である」「台風19号で犠牲になった方々にお悔やみ申し上げるとともに、日本国民の強靱性を賞賛したい」と述べた。

安倍首相は、「日・シンガポール両国は、スマートシティへの取組,少子化への対策、IR推進によるカジノ運営など、共通の課題や施策が多い」、「第三国でのインフラ協力や『21世紀のための日本・シンガポール・パートナーシップ・プログラム』(JSPP21)も含め、様々な分野で引き続き協力を進めたい」と述べた。

これに対し、ハリマ・ヤコブ大統領は「高齢化、外国人材受入、スマートシティ、第三国インフラ協力等の分野で引き続き協力を進めていきたい」と述べた。

安倍首相は、シンガポールのTPP11やRCEPでの尽力に感謝を述べた。双方はTPP11の着実な実施・拡大、RCEPの早期妥結及びWTO改革に向け引き続き連携していくことで一致した。

安倍首相は、「安倍内閣は『女性の輝く社会』の実現に尽力している」ことに言及し、「ハリマ・ヤコブ大統領は、国会議長やシンガポール史上初の女性大統領を務めているところ、正にロールモデルであり、ますますのご活躍を期待する」と述べた。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.