物流・ハブ 進出・出資・撤退

共栄タンカー、シンガポール現地法人設立・業務開始、MDは近藤常務が兼務

投稿日:

共栄タンカーは2019年11月11日、シンガポール現地法人KYOEI TANKER SINGAPORE PTE.LTD.の業務を開始した。営業活動や情報収集を行い、既存顧客との関係強化ならびに新規開拓を推進する。10月1日設立していた。現地法人設立に伴う業績への影響は軽微。

高田泰社長は、シンガポール新聞社の取材に対して「海事産業の世界的な集積地であるシンガポールで若手を鍛え、伸び行くアジアの需要取り込みに挑戦する」と話した。

また、11月8日にKYOEI TANKER SINGAPORE PTE.LTD.の役員人事を決定した。現地法人の概要と役員人事は下記の通り。

【 商号 】KYOEI TANKER SINGAPORE PTE.LTD.
【所在地】20 Anson Road, #11-01 Twenty Anson, Singapore 079912
【代表者】近藤 耕司 (共栄タンカー常務取締役が兼務)
【資本金】USD 250,000.00
【事業内容】海運業
【設立年月日】2019年10月1日
【業務開始日】2019年11月11日
【出資比率】共栄タンカー100%
【決算期】12月末日

◇役員人事(11月8日)
Managing Director 近藤耕司(共栄タンカー常務取締役が兼務)
Director      行広周平(出向)
Director      大谷将一郎(共栄タンカー企画部長兼経理部長が兼務)

-物流・ハブ, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.