ニュース 日系機関・企業・社会

中外製薬・シンガポール科学技術研究庁の抗デングウイルス抗体開発プロジェクトをGHITファンドが支援

更新日:

中外製薬は3月29日、2015年からシンガポール科学技術研究庁(A*STAR)と共同研究を行う抗デングウイルス抗体開発プロジェクトが、グローバルヘルス技術振興基金(GHITファンド)の助成案件に2017年度に引き続き選ばれたと発表した。
 
同プロジェクトは、中外製薬のシンガポール研究拠点である中外ファーマボディ・リサーチ(CPR)と、A*STARの関連機関シンガポール免疫学ネットワーク(SIgN)が、デングウイルスに対する新たな抗体医薬品の創製を目指しているもので、GHITファンドは「開発途上国で蔓延する顧みられない熱帯病の制圧」に資するとして助成金約4.9億円を支給する。
 
デング熱は、熱帯および亜熱帯の都市化された地域で広がる、蚊を媒介とする熱性疾患で、アジアおよびラテンアメリカの多くの国で入院と死亡の主な原因になっている。世界保健機関(WHO)によると世界で年間約3億9,000万人がデングウイルスに感染しているが、現在、有効なデング熱治療薬はない。
 
A*STAR生物医学研究評議会(BMRC)のベンジャミン・シート博士は「デング熱は、シンガポールにとって地域的な脅威であり続けている。(プロジェクトによって)デングウイルスに対する効果的な抗体開発は大きく進展しており、臨床応用に成功すれば多くの命を救うことができる」と話す。

※シンガポール国家環境局(NEA)統計を基にシンガポール新聞社作成

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.