総合

JR東日本、シンガポールのトムソン・イーストコースト線エキナカ商業権獲得

投稿日:

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2019年9月3日、シンガポール国内に2019年12月開業予定のトムソン・イーストコースト線におけるエキナカ商業権を獲得したと発表した。

シンガポールの公共交通事業SMRT Corporation(SMRT)、シンガポール最大のリテーラーでコンビニチェーン(Cheers)を展開するNTUC Fairprice Co-operative(NTUC)と各子会社を通じて、トムソン・イーストコースト線駅構内商業区画の開発・運営権をLand Transport Authority(シンガポール陸上交通庁、LTA)より獲得した。

日本で培った「エキナカ」の開発・運営経験を海外のエキナカへ持ち込むもので、トムソン・イーストコースト線全32駅のうち27駅でエキナカ店舗開発に取り組む。海外鉄道路線における複数駅のエキナカ開発は、日本の鉄道会社として初めての試みという。

イメージ ※提供・JR東日本

今後、JR東日本東南アジア事業開発(JR東日本子会社)、SMRT Experience Pte.Ltd.(SMRT子会社)、Alphaplus Investments Pte.Ltd.(NTUC子会社)の3社によるエキナカ運営事業現地合弁会社Stellar Singapore-Japan Retail Pte.Ltdを2019年10月(予定)に設立し、運営にあたる。

トムソン・イーストコースト線駅構内商業権概要と、トムソン・イーストコースト線の概要は下記の通り。

【 期間 】2019年末(予定)から16年間
【 区画 】27駅53区画
【 面積 】約5,000㎡(総貸付可能面積)
【店舗開業時期】2019年末予定の鉄道開業に合わせ順次開業
【事業者】Stellar Singapore-Japan Retail Pte. Ltd

【路線概要】シンガポール北部郊外Woodlands(ウッドランズ)から中央部の住宅地を抜け、南部中心市街地を経由して東部 Sungei Bedok(スンゲイベドック)に至る通勤路線。将来的には、北は国境を越えてマレーシアに接続、東はチャンギ空港に接続する構想もある。
【 線路長 】全長43km
【 駅数 】32 駅(全て地下駅)
【事 業 者】SMRT Trains
【開業時期】2019年末(予定)より2024年6月(予定)にかけて5期に分けて順次開業

トムソンイーストコーストライン路線図 ※提供・JR東日本

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.