ニュース 日系機関・企業・社会

伊藤忠商事、シンガポールDAH通じシエラレオネにパイナップル事業会社設立

更新日:

伊藤忠商事は8月26日、シンガポールのDole Asia Holdings(DAH)を通じてシエラレオネ共和国でパイナップルの栽培及び加工食品の商業生産を開始するためSierra Tropical Limited(STL社)を設立したと発表した。

DAHの加工食品事業(パイン缶詰、フルーツボウルなど)におけるパイナップル加工食品の生産拠点は、現在、フィリピンとタイのみで、天候リスク等を踏まえ産地を多角化する必要があり、今回、シエラレオネ政府と同事業に関するMOAを締結した。既に現地でパイナップルのテスト生産を開始しており、早期の本格的な商業生産開始を目指す。

同事業の開始にあたり、カントリーリスクへの対策としてMIGA(多数国間投資保証機関)及びNEXI(株式会社日本貿易保険)の投融資保険を付保し、また、資金調達に関してはIFC(国際金融公社)との覚書、人材育成に関してはIOM(国際移住機関)との覚書の締結を検討中という。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.