デジタル経済

シンガポール通貨金融庁、最大5社に新しいデジタル銀行ライセンス発行と発表

投稿日:

シンガポール通貨金融庁(MAS)は2019年6月28日、最大5社に新しいデジタル銀行ライセンスを発行すると発表した。「新しいデジタルプレーヤーの参入により、将来のデジタル経済に向けてシンガポールの銀行システムが強化される。革新的なビジネスモデルと強力なデジタル機能を備えたプレーヤーは、現在、市場のサービスを受けていないセグメントに対応できる」としている。

新しいデジタル銀行ライセンスのうち、金融サービス全般を提供できるデジタルフルバンクライセンスは最大2社に認められ、シンガポールに本社を置き、シンガポール人が管理している企業が対象。外国企業とシンガポール企業との合弁企業が本社および統制の要件を満たしている場合も対象となる。

一方、中小企業・非小売向けに限り金融サービスを提供できるデジタルホールセールバンクライセンスは最大3社に認められ、全ての企業が申請できる。

MASは2019年8月に詳細を公表し、申請受付を開始する予定。

-デジタル経済

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.