物流・ハブ

いよぎんHD、シンガポール支店の2022年度中間期貸出金残高は2,346億円

投稿日:

いよぎんホールディングスは2022年12月2日、2022年度中間期(2022年4月1日-2022年9月30日)決算説明資料を公表した。

「2022年度中間期決算の概要」によると、伊予銀行シンガポール支店の預金等残高は前年同期比475億円(138.5%)増の818億円、同支店の貸出金残高は前年同期比361億円(18.2%)増の2,346億円だった。

「中期経営計画 主要計数計画」によると、伊予銀行シンガポール支店の貸出金平均残高は、2020年度実績は1,682億円、2021年度実績は前年度比439億円増の2,121億円と推移し、2022年度は前年度比259億円増の2,380億円を見込み、2023年度は前年度比30億円増の2,410億円を見込む。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.