進出・出資・撤退

キリンHD、シンガポール子会社のミャンマー合弁事業解消に向け撤退方針決定

投稿日:

キリンホールディングスは2022年2月14日開いた取締役会で、シンガポール子会社Kirin Holdings Singapore Pte,Ltd.とMyanma Economic Holdings Public Company Limited(MEHPCL社)との合弁事業の提携を早期に解消することを目指し、ミャンマー事業の撤退方針を決定した。

キリンホールディングスは2021年2月5日、ミャンマーにおいて国軍が武力で国家権力を掌握した行動について遺憾の意を表明し、キリンホールディングスのビジネス規範や人権方針に根底から反するとして、福利厚生基金の運用会社として国軍と取引関係のあるMEHPCL社との合弁事業の提携を解消することを表明した。

発表によると、その後1年にわたり、キリンホールディングス主導でミャンマーでのビール事業を継続することを目指してMEHPCL社との合弁解消を求めてきたが、MEHPCL社との協議やシンガポールでの仲裁提起などを通し、望む形で直ちに合弁を解消することは困難と判断した。

キリンホールディングスは合弁解消を早期に図ることを最優先とし、ミャンマー事業から撤退する方針のもと、現在、6月末までに決着させるべくMEHPCL社との協議を進めているという。

キリンホールディングスは2021年12月期にミャンマー事業の減損損失を計上する。累計計上額は680億円となる。

※関連記事「キリンHD、ヤンゴン地区裁が緬子会社の合弁パートナーによる清算申立て却下

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.