進出・出資・撤退

リバネスシンガポール、AI搭載無人・非接触バリスタロボットベンチャーに出資

更新日:

コンサルティング事業のリバネス(東京都新宿区)のシンガポール子会社Leave a Nest Singapore Pte.Ltd.(代表:徳江紀穂子)と関連会社Glocalink Singapore Pte.Ltd.(代表:Ramanujam Ravikrishna)は、シンガポールのロボットベンチャーCrown Technologies Holding Pte.Ltd(CEO:Keith Tan)に共同出資した。2021年8月25日発表した。

Crown Technologies Holding Pte.Ltdの子会社Crown Digital Pte.Ltd.(CEO:Keith Tan)は、無人・非接触型のAI搭載バリスタロボット「ELLA」を開発。飲食業における新しい顧客体験の提供を目指しているという。

リバネスグループは2019年にシンガポールベンチャーの日本進出支援を目的にEnterprise Singapore(シンガポール企業庁)と「Enter to Japan market Program(日本進出支援プログラム)」を共同開発し、以来日本企業との連携機会を創出している。Crown Digital社は現在、様々な日本企業との協業に向けた議論を進めているという。

今回の資金調達により、Crown Digital社は日本とシンガポール両国でのバリスタロボットの導入先拡大を進めるとしている。

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.