シンガポール現地 ニュース

サッカー・シンガポール代表、ウズベキに敗れW杯アジア最終予選進出ならず

投稿日:

サッカー・シンガポール代表チーム(Lions)は2021年6月7日(シンガポール時間8日午前2時)から、サウジアラビア・リヤドのキング・ファハド・インターナショナル・スタジアムで、W杯アジア2次予選D組第7戦ウズベキスタンと対戦し、0-5で敗れた。

前半に3点を奪われ、後半にも2点を追加された。アジア最終予選進出の可能性はなくなった。

シンガポールサッカー協会(FAS)の発表によると、試合後、吉田達磨監督は「選手たちの闘争心と戦術レベルは非常に良く、前のパレスチナ戦よりも良かったが、ウズベキスタンの方が上だった。彼らはたくさん走っていた。シンガポール代表はそのような激しさに慣れていない」と述べた。

シンガポール代表はグループDで残り1試合を残し勝ち点7で4位となっている。3位以内に入るとAFCアジアカップ3次予選に進出できる。4位の場合は他グループ4位との比較により、上位4チームは3次予選に進出し、残りの4チームはプレーオフにまわる。

吉田監督は「ベストを尽くす」と語った。

-シンガポール現地, ニュース

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.