総合

三井住友海上、新たな自動車保険の開発等でシンガポールCarro社と業務提携

更新日:

三井住友海上火災保険は、東南アジア最大のオンライン自動車取引プラットフォームを提供するシンガポールのTrusty Cars Pte Ltd(Carro社)との業務提携に合意した。MS & ADインシュアランスグループホールディングスが2020年12月11日発表した。

発表によると、Carro社は2015年設立。オンライン上の中古自動車販売をメーンに独自のアルゴリズムを用いた買取査定や融資を扱うほか、定額制レンタカー、カーサブスクリプション、修理サービス、ロードアシスタンスサービス等に事業を拡大し、実店舗とオンラインサービスを融合した独自の自動車関連ビジネスエコシステムを形成するスタートアップ企業で、シンガポールで成功したノウハウをインドネシア、マレーシア、タイで展開するなど事業拡大している。

Carro社のサービスでは、最速、数時間でローン審査、車両購入、自動車保険手配ができる。顧客から受領した電子署名を各種オンライン手続きに転用し、当日購入・当日納車が可能 という。また、中古車買取査定およびリースアップ車両の販売金額をデジタル技術を用いて自動的に算出し、即日買取や販売サイトへの掲載が可能という。

三井住友海上は、ASEAN10カ国で元受事業を展開しているネットワークを活用し、今後ASEAN域内において、Carro社と新たな自動車保険の開発や自動車ビジネスの創出に向けた実証実験や共同研究を実施する。

具体的には、(1)ASEAN域内における自動車保険ビジネス展開 (2)自動車保険とファイナンスとの一体型商品販売の検討 (3)優れたデジタルカスタマーエクスペリエンスの実現 (4)Carro社の修理工場ネットワークと三井住友海上の保険金支払いプロセスとの連携の検討――などに取り込む。

三井住友海上は「これらの取組を通じて、オンライン上での自動車関連ビジネスやオペレーションに関するノウハウを蓄積し、グローバルベースで商品・サービスの開発や新たなビジネスモデル構築を目指す」としている。

Carro社の概要は下記の通り。

【会社名】Trusty Cars Pte Ltd
【本社所在地】28 Sin Ming Lane, #01-134, Singapore 573972
【代表者】CEO Aaron Tan
【設立年】2015年
【事業内容】オンラインプラットフォームを通じた自動車売買、融資、保険、定額制レンタカー、カーサブスクリプション、修理サービス、ロードアシスタンスサービスなど
【2019年度実績】売上高1億1,700万SGD、販売台数約3万台

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.