進出・出資・撤退

豊田通商、Binter社と合弁でシンガポールに自動車市販部品販売会社を設立

更新日:

豊田通商のグループ会社・豊田通商アジアパシフィック(TTAP社)は2019年12月2日、Binter & Co. Pte.Ltd.(Binter社)とシンガポールに自動車市販部品販売会社Toyotsu Binter Automotive Parts Pte.Ltd.(トヨツウ・ビンター・オートモーティブ・パーツ、TBAP社)を設立した。2019年12月25日発表した。

アジアでは近年、経年車・中古車、輸入中古車の増加傾向に伴い、車両整備や修理などのアフターマーケット市場も大きく発展しているといい、豊田通商とBinter社はタイヤと市販部品販売事業をTBAP社に集約・統合し、垂直統合型の市販部品販売会社を設立することで、アジアで拡大するアフターマーケット市場のニーズに対応する。

具体的には、①タイヤ・市販部品販売 ②サービスチェーン事業 ③タイヤ・市販部品のeコマース事業――を戦略的に展開し、独立系アフターマーケット(IAM)事業を加速する。

TBAP社の概要は次の通り。

【 会社名 】Toyotsu Binter Automotive Parts Pte.Ltd.
【 所在地 】シンガポール
【設立時期】2019年12月2日
【 代表者 】代表取締役社長 Marcus Lim(マーカス・リム)/取締役副社長 新井隆弘
【事業内容】タイヤおよび自動車市販部品販売事業
【 株主 】Binter社55%、TTAP社45%
【従業員数】26人(設立時)

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.