総合

DIT、シンガポールのサイバーセキュリティ企業セキュアエイジと協業

投稿日:

デジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT、東京都中央区)は2019年12月2日、シンガポールのサイバーセキュリティ企業セキュアエイジ社日本法人とセキュリティ分野での協業で合意したと発表した。

協業により、DITはセキュアエイジ社の暗号化のソフトを日本国内で販売する。セキュアエイジ社は、DITの改ざん防止ソフト「WebARGUS」をシンガポールなで紹介する。

セキュアエイジ社のセキュリティソリューションは、クラウド上を含むすべてのファイルやフォルダについて、ユーザが無意識のうちに非常に強度の高い暗号化を行うことで、不正なデータの持ち出し、サイバー攻撃によるデータの漏洩から守る。独自のテクノロジーで運用や管理のしやすいポリシーベースのエンドポイントデータ暗号化を実現しているといい、一定のルールに従ってデータを暗号化するか、しないかを決めることができるという。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.